2週間前に

2016年12月26日 / 今日の一言

2週間前に人事労務担当へ退職届を提出したため、退職交渉等は何もせず、予定通り9/30付けで現職を退職。明日、9/30は有休なので、実際の最後の勤務は、本日で終了。

周りは、私が退職するのかどうかは知らないのか?または、知っていてもあえて、知らないそぶりをしていたのかは、不明。

同じ課の別グループのある係長からは「急ですが、辞められるのですね?」と一言あり「お疲れ様でした」と言われた人以外は、周囲はいつも通り仕事し、終業時刻なったらいつも通り帰宅。所属には、明日付けで退職という事実は伝わっている模様。

本日、人事労務担当より、離職票の送付予定の案内があったが、よく「一身上の都合により退職します」とういう文言は使わず「職場環境の改善する見込みが見られない事実により・・・・」とそのままの事由を退職届に記載した。

昨日、10/1からの勤務先より連絡があり、何事かと思ったら、「10/1お待ちしております。軽い歓迎会を・・と考えているのですが、どうですか」との確認。まだ、入職してもないのに、気が早いなあと・・・

ここ3カ月程は、求職活動があり、慌ただしかったが、ようやくそれも終息する模様。

在職しながらの転職活動は、今回が初めてではないが、仕事を辞めてから探すよりも、在職しているのは、面接時の一つのステータスになるとも感じ取れた。

応募書類の作成時間等に、限られた時間で面接等もこなさないとならないので、在職しながらの転職活動は、しんどかったが、集中して取り組めたと思う。 カリブのツアーの件が落ち着いたら頑張る予定です。

次の職が決定したら、次は現職の退職交渉があるが、交渉等はめんどいから、即人事担当に退職届を出した。

コメントは停止中です。

TOPへ戻る